JOYMINISTRY

「福音の賢さん」ー日々のひとこと
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 飛騨古川からの帰り

 

土日と飛騨古川でした。日曜朝と午後の集会。

昼食後「特急は運休」との情報。さて帰れるか?午後の集いを終えて古川駅へ。

「普通なら走っている」とのことで16時の美濃太田行きに乗りました。

高山駅で沢山の乗客です。私の隣りに座った方(年配のご婦人で妹さんと二人旅)。

「どこまで行かれますか」と聞くと「高槻まで」とのこと。ちょうど高槻出身の

先生の古川教会でお話でしたと言うと、教会でしていることの話に。

I-phoneの写真をお見せすると「書」が目に留まったようで、聖句と書の話になりました。

この方が50年余り書道を趣味しやっているからでした。これもあれも見せてと言うのです。

「折り紙」の写真も見て関心持たれたので一緒に折り紙までしてしまいました。

そのお陰で2時間余り退屈しないですみました。

「こんな出会い2度とないでしょう。ありがとうございました。」

と言われました。私もその方に、そして主に感謝しました。

このような機会を与えてくださったことを。旅の出会いは面白いです。
岐阜に無事着きました。次は名古屋へ。迷っていたアメリカ人夫婦を名古屋までお供。

楽しい語らいになりました。
昨日から今日夜まで神の恵みでいっぱいでした。感謝です。

画像に含まれている可能性があるもの:屋外
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:09 | category: - |
# 信仰の友たち

 木片にみことば

 久しぶりに西尾に行って来ました。

水曜の祈祷会です。糟谷兄姉がいました。

42年前に、西尾開拓の時からの信仰の友です。

何が起きても信仰の忠実さは変わりません。

集会の帰りに、「先生、お芋持っていかれませんか」

と言われ、畑でいっしょに芋ほりをして、芋を頂いて

帰りました。励まされます。

 集会ですが、「森さんがいないですが・・・」

と尋ねると、「名古屋の千種に移りました」とのこと。

それで木曜日千種教会の木曜集会に寄ってみました。

いました。いました。森姉です。80才すぎになる。

静かな方ですが、やはり信仰の姿勢は変わりません。

 「まずは教会へ」とのこと。7月に娘さんの所に

引っ越して、日曜と木曜祈祷会を最優先にして生活

しておられるのです。森さんにプレゼントしました。

この木片のみことばの一つを。

 木片。41年前に西尾の教会堂を建てる時に、森さん

は木くずや木片をかたずけていたのを思い出して渡しました。

 私たちにとっての慰めの友です。

「私たちは神家族です。」(エペソ2:19)

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:07 | category: - |
# 筆をくわえて

これは大変ー「10gの筆で」

難 転
手足が不自由になり 歩けなくなりました

土を掘ることも スキーをすることもできなくなりました
でも神さまありがとう...
あなたが持たせてくれた

たった10gの筆で それで花を咲かせたり
雪を降らせたりできるのです
神様本当にありがとう

 

メッセージの中で星野富弘さんのこの詩を読むので、

私も筆を加えて書いてみました。「渡辺けんじ」「いつ喜んでいなさい」と絵を。

これは大変です。まっすぐ線が引けません。よだれが出るし強く加えるのでほっ

ぺが痛むのです。星野さんの始めはこうだったのですね。でも続けるうちに見事

な絵と字がそれも優しさが滲み出ているのです。

もっと見る
自動代替テキストはありません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:34 | category: - |
# 洗礼の喜び

 

 今日、礼拝の中でひとりの婦人の洗礼式を行いました。

この4月にイエスさまを心から信じ受け入れたMさんが

洗礼準備を重ねて晴れて今日の日を迎えました。

 救いの喜び!洗礼を受けることができ心から喜び

感謝していました。

 その様子を見た妹さん夫婦や同級生、それに教会の人たち

全員が喜んでいました。洗礼式は結婚式よりも大きな喜び

の時です。

 「全家族そろって神を信じたことを心から喜んだ。」

        (使徒16:34)

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:25 | category: - |
# 実を結ぶ

 友人の庭で育てられたぶどう

美味しそうです。ぶどうの木にこの実が結びます。

多くの実です。育てた友人は大喜びです。自慢です。

 イエスさまのことばを思い出しました。

 

「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。」

      (ヨハネ15:5)

 枝の力ではなく、木につながっているので

樹液がながれそして大きくなる。

 ぶどうの木は、イエスさま、あなたです。

 そして、私はあなたの枝です。

あなが実を結ばせていてくださいます。

 実は、愛、喜び、平安、寛容、親切・・・・

感謝します。

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:07 | category: - |
# 久しぶり

 名古屋南福音自由教会

久しぶりに来ました。皆ささんの笑顔に迎えられて礼拝。

 「一羽の雀さえ」の題でメッセージ。

その後、昼食に「教会の名物うどん」です。美味しかった〜!

 そして、「書を楽しむ」をしました。

 絵手紙にみたいに絵を描き

そして、92才のお婆さんは俳句を添えました。

 「コロコロと 老婆と雀 稲の波」

この方は62年前に、飛騨の神岡で信仰を持たれ

神岡の川で受洗されたとのこと。

年老いても主によって生き生きとされています。

 今日の礼拝のテーマにそって皆さんは「雀」の絵を

描き、みことばを書き入れました。

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:08 | category: - |
# 秋の運動会

  親子リレー

7日(土)は、孫の保育園の運動会。

時間があったので家内と行って来ました。

 前日大雨で今日は曇り時々雨。それでも開催。

一日のプログラムをつめて次々と行う。

そして、最後は「親子リレー」。

 大変盛り上がりました。

走る人が必死なので応援も力が入る。

 わ~わ〜キャー ガンバレ~

転ぶ人が出ると「頑張って」との励ましの声。

起きて必死に走る姿に感動。

 楽しかった!

 さやかちゃん    はる君 頑張った!

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:57 | category: - |
# 桑名宿へ

 日曜は、名古屋南福音自由教会で礼拝と「楽書」(筆でみことばを書く)

をしました。「一羽の雀さえ」(ルカ12:6)からのメッセージでしたので

みなこの箇所を書きまた雀の絵も描きました。

 「楽しい!楽しいね〜!」

神さまは私たちのことをいつも見つめ、そして守っていてくださる。

 

集いの後、Mさん夫妻に東海道の桑名宿に送ってくれました。

「七里の渡し 桑名に来た〜!」
「七里の渡し 熱田」でずっと桑名に行こうち思っていたので嬉しかったた。

川は木曽川です。

大きいです。蜆と蛤が名産。ここから京都に歩くぞという思になりました

(三河と尾張の宿場は歩きましたから)。

 

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外、水
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:48 | category: - |
# 祝福の家の子どもたち

       みんな元気で〜す。

   プラチャオウエイポン(祝福がありますように)

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:59 | category: - |
# 松原湖バイブルキャンプ場で

 松原湖バイブルキャンプ場

 4日5日と、教師研修会に行って来ました。

全国から牧師たちが集い力いっぱい賛美し祈り、そして

「聖書信仰」について学び合い語り合いました。

 

  5日の朝です。晴れて山並みがきれいです。

 学び合いは有益ですが、同労者たちが再会しともに

食事をし語らう時はまたとても楽しく励まし合う時と

して素晴らしい恵みの時です。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:31 | category: - |
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links