JOYMINISTRY

「福音の賢さん」ー日々のひとこと
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 北海道伝道旅行

 今日14日から24日まで

北海道の伝道旅行に行きます。

 

   美瑛の丘

 こんな景色が見られるでしょうか?

と言うよりも、

 「何とかして幾人かでも救われるために

  私はすべてのことを福音のためにしています。」

    (1コリント9:22,23)

 

いつものように、主にゆだねての旅です。

 「あなたの道を主にゆだねよ。

  主に信頼せよ。

  主が成し遂げてくださる。」

  (詩篇37:5)

 

お祈りください。   

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 09:12 | category: - |
# 木片に

木片に

伝道の旅で皆さんに差し上げる「みことば」を書きました。久し振りに木片です。

試練の中で私を支えたことばを数枚書きました。
ウドンタニーの我が家で食事をしている時に、家内が「お父さん、顔あげて
暗くなる」と言われハッとして顔をあげると壁に自分で書いたこのことばに...
目が留まりました。

「イエスから目を離さないでいなさい。」
      (ヘブル12:2)

それを見ただけで喜びと力が湧いたのです。困難な中にありましたが顔を上げ
前進することができました。この時以来、この聖句をどこに行っても壁にはり
いつも見ては力をいただいて来ました。だから皆さんにこれを差上げるのです。

自動代替テキストはありません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:32 | category: - |
# 木片に

木片に

伝道の旅で皆さんに差し上げる「みことば」を書きました。久し振りに木片です。

試練の中で私を支えたことばを数枚書きました。
ウドンタニーの我が家で食事をしている時に、家内が「お父さん、顔あげて
暗くなる」と言われハッとして顔をあげると壁に自分で書いたこのことばに...
目が留まりました。

「イエスから目を離さないでいなさい。」
      (ヘブル12:2)

それを見ただけで喜びと力が湧いたのです。困難な中にありましたが顔を上げ
前進することができました。この時以来、この聖句をどこに行っても壁にはり
いつも見ては力をいただいて来ました。だから皆さんにこれを差上げるのです。

自動代替テキストはありません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:32 | category: - |
# 忘れないで

忘れないで

 礼拝で「女は自分の乳飲み子を忘れようか。たとい女たちが忘れてもわたしはあなたを忘れない。」

(イザヤ49:15)を中心聖句に「忘れないで」をテーマに話しました。
そして、午後は「心と心の伝道」の学び(2回目)でした。まずは前回の「あなたにもできる伝道」の復習です。

「こんなことが?」でこの教会の人たちみんな知っているはずの折り紙をやったのですが「忘れた〜」と言うのです。
「え〜っ?前にやったじゃないですか。忘れないで」と言っていっしょに折ってもらいました。

「ああそうそうそうか・・・」と言いながらみんな子どものようにしていました。

これで集いの雰囲気が温かくなりました。こんな折り紙なんか?ですがいっしょに折るうちに心が開かれるのです。...
 その次に「手話でふるさとを歌う」です。これも「忘れた〜」と言う。

それで、また「ああそうか・・・」と言いながら手や指を動かす。こんなことで喜びいっぱいになりました。

「忘れないで。これを来週敬老の日にお年寄りとやってくださいね」と勧めました。 
 今日は「忘れないで」を何度も言った日となりました。
最後に、「最も大切な話」(伝道冊子)を実際に行いましたが、すでにこれで伝道をされている人がいました。

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:04 | category: - |
# 公園で

公園。だれもいない。雀たちもいない。ベンチに私ひとり。

そう今友からメールが来ました。

「『彼らが目を上げて見ているとだれもいなくて、

          イエスただおひとりだけであった』(マタイ17:8)

の聖句をありがとうございました。葛藤していた私にタイムリーなことばででした。」
しばらくベンチでそのことばを思い巡らしています。

イエスさまとおことばに心を向けています。
あっ!来ました。いつものAさんが。話していたら雀たちが来ました。

「一羽の雀」の話をしました「雀もじっと見てるとね顔や性格が違うの

がわかるよ〜。人間と同じでね・・・^_^」

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、木、植物、草、靴、屋外、自然
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:17 | category: - |
# 大きな利益を受ける道

大きな利益を受ける道

こんなことばに人は耳を傾けてしまいます。「お金儲け」だと思うからでしょう。しかし、違います。

「満ち足りる心を伴う敬虔」

...

満ち足りる心。それは今与えられているものを感謝することではないかと身近かなことからしている。

ある時散歩道に花🌸が目に止まり見つめると「「凄い!どうしてこんなカラーやデザイン。

素晴らしい!イエスさま、感謝します。」と声をあげてしまった。それだけで心は喜びと感謝で満たされたのです。
「私たちは何一つこの世に持って来なかったし、また何一つ持って出ることもできません。

 衣食があれば満足すべきです。」(1テモテ6:7、8)
このことば通りです。みな与えられ生かされて来た。だから神と人に感謝をして生きることだ。

そうすことで心は喜びと感謝で満ち溢れます。

テレビ番組で久米宏が身体に障害を持つレーナマリヤさんに、

「マリヤさんいつも笑顔なのはどうしてですか?」と尋ねた時に彼女は、
「神(イエス)さまがいっしょにいると思うと喜びと感謝になります。」と言っていました。

そう最大の喜びは、イエスさまです。

自動代替テキストはありません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:09 | category: - |
#   主イエスとともに

名古屋は小雨の中を歩いている。
コンビニのコーナーでちょっと休憩。携帯にK兄のお父さん(87才の時)が描いた

もう一枚の絵を眺めて「オーストリアかな?」ならばウイーンにいる高橋先生ご夫妻と中山夫妻は元気かな?
あっ学生たちが来たので、さあまた歩こう。「歩かないと歩けなくなる」と足の障害を抱えているAさんが言っていた。

Aさんはきっとこんな日でも歩いている。歩け歩け。歩くと気分もよくなる。主イエスとともに。歌が出て来た。

เดียวนี้เดินเ่น ร้องเพลง'เดินกับพระเยซู"

主イエスとともに歩きましょう...
主イエスとともに歩きましょう
どこまでも

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:45 | category: - |
# 忘れないで

忘れないで

「忘れないで」がずっと心にあり私に語りかけて来ます。そして、

「忘れないで いつもイエスさまが 君のことを見つめている」を口ずさんでしまいます。

そしたら、聖書のこの箇所を思い出しました。

「たとい、女が自分の乳飲み子を忘れようか、たとい女たちが忘れても、このわたしはあなたを忘れない。」(イザヤ49:14)

...

私たちは主を忘れ「どこにいるのか?」「助けてくれないのでは」と思う時がある。しかし、主は私たちを決して忘れることはない。いつも見ておられる!
歩きながら思いめぐらしていた私は主に心を向けて言いました。
「主よ、私はあなたを忘れることがあります。でもあなたは

いつも母が私をいつも心配し見守っておられた以上に私のこと

を忘れずに見守っていてくださるのですね。ありがとうございます。」
 心は言い知れない平安に満たされ嬉しくなりました。
 

自動代替テキストはありません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:43 | category: - |
# 忘れないで

忘れないで

「忘れないで」がずっと心にあり私に語りかけて来ます。そして、「忘れないで いつもイエスさまが 君のことを見つめている」を口ずさんでしまいます。そしたら、聖書のこの箇所を思い出しました。

「たとい、女が自分の乳飲み子を忘れようか、たとい女たちが忘れても、このわたしはあなたを忘れない。」(イザヤ49:14)

...

私たちは主を忘れ「どこにいるのか?」「助けてくれないのでは」と思う時がある。しかし、主は私たちを決して忘れることはない。いつも見ておられる。

もっと見る
自動代替テキストはありません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:20 | category: - |
# 一羽の雀さえ

一羽の雀さえ

「五羽の雀は 2アサリオンで売っているでしょう 。そんな雀の一羽でも
神の御前には忘られてはいません。」(ルカ12:6)

...

 これを書いていたら本田路津子さんがよく賛美される「一羽の雀」
 の歌が耳元に聞こえてきました。
 さらにレーナマリヤさんの歌声も聞こえて来ました。
 レーナさんは主イエスを「私の最高の友」と言っていますが、
 本当にそうです。この方にまさる友はありません。
 私もこれを声高らかに歌いたくなりました。
 
 1 心くじけて思い悩み などて寂しく空を仰ぐ
   主イエスこそ わが真の友
   一羽の雀に 目を注ぎたもう
  (折り返し)
   主はわれさえも 支えたもうなり
    声高らかに われは歌わん
    一羽の雀さえ 主は守りたもう

 2心静めて御声聞けば 恐れは去りて委ぬるをえん
   ただ知らまほし 行く手の道

もっと見る
画像に含まれている可能性があるもの:鳥
| comments(0) | trackbacks(0) | 08:20 | category: - |
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links