JOYMINISTRY

「福音の賢さん」ー日々のひとこと
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 広角レンズで

 午後、荒子川沿いをキョロキョロしながら歩きました。

 草花により広角レンズ(百均)をつけて花弁を撮る。

  凄い!綺麗!

 創造主の神さま感謝です。

 小雨の中でしたが5000歩ほど歩きました。

 歩くと気分がいいですね。

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:45 | category: - |
# 主をほめたたえる

「ハレルヤ。わがたましいよ
主をほめたたえよ。
私は生きている限り
主をほめたたえる。」
(詩篇146:1、2)

...

宣教師時代に毎週火曜夜の宣教師の祈祷会を思い出しました。

「さあ、主をたたえよう」と司会者。静かにそれぞれが主を思う。

そして、ひとりが「主は私の神」と主をたたえると、次の人が「主は私の救い」
そして、また次の人が「主は私の力」・・・と主をたたえる。
静寂の中に主の臨在です。それが10分20分。主の愛に包まれ感動の涙さえ流れる。
その後、静かに賛美です。

「ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ〜 主をほめよ、主をほめよ」(英語)
これを思い書斎でひとり静かに主をほめたたえる。

もっと見る
写真の説明はありません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:12 | category: - |
# 卓球部後輩のO君

卓球部後輩のO君

初めて大学の卓球部同窓会に出席。その時に、1年後輩のO君がクリスチャンで

「教会で説教している」と聞きびっくり。
彼に電話。どうしてそうなったかを聞かせてくれました。
現在は教会の長老であり「信徒説教者」ですが、そのきっかけは62才の時に

脳梗塞で倒れたことと言う。会社勤めはできない。それで主のご用にと献身し、

聖書学校で2年聖書を..学び信徒説教者として奉仕されている。
 その後、「私が宣教師していたの聞いていない?」と尋ねると

「知らない。そうなんですか?」との返事でしたので、
私が卓球部員としてO君と卓球していた頃はクリスチャンでなかったが、

宣教師との出会いから23才の時に信仰に入ったこと。

その後にすぐに献身し牧師として宣教師として歩んで来たこと。
O君はまた驚いていました。私たちは主を崇め感謝しました。

近いうちに会いましょう」そう言って受話器を
置こうとしたら、O君が「私は書道をやるんです」と言う。

彼はみことばを書き、また、地域で年配者に教えている。
 今日、ネットで見ました。素晴らしい書です。

 「主よ、お話しください。しもべは聴いております。」
  (上サムエル3:10)

もっと見る
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:53 | category: - |
#  大学卓球部同窓会

15日はA大学卓球部同窓会。会長のAさん(私の後輩で息子さんが牧師)の

何度もの誘いに初めて出席しました。

「もう同年代の人はいないないだろうし2時間どうしよう」と思いながら自分のテーブルに行くと、、、
「渡邉先輩?え?そう。嬉しい!渡邉さんとまた会えるなんて奇跡だ〜!本当嬉しい。」
高校卓球部の後輩でもあるM君にそう言われ、大感激。

「私もずっと写真見ながら会いたいと思ってたよ。会えて嬉しい!」
M君は右手は小児麻痺で使えないのに健常者の中で左一本でしていた。強かった。
かつて一緒にやった後輩の席だったので話は盛り上がりあっと言う間の2時間でした。...
私が「宣教師」であることみなA君から聞いていてその話も。

さらに昔の写真の中のひとりを指し「O君キリスト教会で教えているみたいだよ」と言う。

びっくり!後で彼に電話すると教会の長老で信徒説教者として奉仕していることがわかり

心から主をあがめました。

 

  元卓球部 54年ぶりの再会    O君(後ろ中央)右が私 

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:16 | category: - |
#  神のなさることは

ハレルヤ!今日は日曜日。さあ礼拝へ。
伝道者の書のこのことばを読んで思い巡らしていたら
嬉しくなりました。神への感謝が溢れて来ました。

 「神のなさることはすべて...
時にかなって美しい。」
(伝道者の書3:11)

草や花の色や形はどれもみな素晴らしい。どんな芸術家も
勝てません。美しい!朝食に出た野菜や果物や魚。その味がみな違う。

それをかぎわける味覚が私にも備わっている。何と感謝なことか。

それにそれぞれに違う栄養価。私はそれを食べて力をいただいている。

ある医者が言いました。
食生活が大事の中で「感謝して食べること」これが大切と言っていました。

今朝も家内の作ってくれた朝食。こころから神さまと家内に感謝。

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:05 | category: - |
# いただき物

みな頂き物

今日小包みが届きました。「墨」です。
手紙にこう書かれていました。
「先頃整理していましたら香港時代(1970-74)の中国製の墨が出て来ました。

もし使えるようでしたら先生に使って頂いたら墨も喜ぶのではと思い送らせて頂きます。」...
Nさん(バンコクの日本人で主にお導きし洗礼を受けられた方)からです。

早速この墨をすり明日の聖句の一つを書きました。
ちなみに「硯石」も「小筆」も紙もハガキもみな「(伝道のために)使ってください」

と頂いたものばかりです。
電話がありました。「家内(習字の先生で2か月前に召された)の(筆など)使ってください。

送ります」とのこと。
よく手紙を書く万年筆✒️は息子が15年前にプレゼントしてくれたものでまだ使っている。

伝道は励ましにどれ程使ったでしょう。
そう言えばハーモニカもです。以前「主人の買ったばかりのハーモニカだれか使って

頂けませんか」と言われ「私が使わせて頂きます」といてしばしばそれで教会で賛美させて頂きました。

頂いたものは必ず使うようにしています。伝道のために。

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:00 | category: - |
# 三つ葉のクローバー

雨なのに歩くと気分は晴れるのです。
「そうだ四葉(人に踏まれたところにをある?)探そう」
公園のベンチ近くへ。しかし、三つ葉のクローバーばかり。

「あれ?!雨粒が真珠だ〜!どうして雨粒くっつかないのかな〜?小粒の真珠がいっぱいだ〜」
雨粒に見とれてしまいました。


それにしても四葉はない。...
「三つ葉が格好いいじゃない。信望愛で」
そう思ったら三つ葉たちが「私たちも注目して」と私に語りかけている(笑)。

それで写真を撮りました。
三つ葉は、信望愛!


「いつまでも残るのは、信仰と希望と愛です。
その中で一番は愛です。」(1コリント13:13)

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:06 | category: - |
# みことばカレンダー

一日一聖句を今年も書き続け半年になりました。

聖書通読の箇所を読み味わい、その後で一つの聖句を

筆で書きます。一つ一つがとても大切です。

これに生かされています。感謝です。

 2枚書くのでそれが溜まっています。

| comments(0) | trackbacks(0) | 13:50 | category: - |
# なぜ?どうして?

最近子どものように疑問(これ何?なぜ?)を投げかけるようになりました。


 ̄愾阿硫崔鼎砲劼箸わ目立つ花いや葉?どっち?葉花(はばな)?

😁神さまは面白いお方ですね。


駅の階段。何段あるかな?年寄りには急勾配すぎ。

しかしいつものように駆け上る。「1、2、3、4、、、55ふ〜っ。

55ゴーゴーだ。」これで〙「ふ〜」とは私は疲れが残ってる。休まないと。


ベンチに座る。座るとどうして休まる?水飲むとすぐに元気になるの?
「なぜ疲れるか?」と調べたら。運動すると汗や尿で水分が排出され体の

機能が低下する(疲れ)。また血液の流れが悪くなる。

そのために「夏はこまめに水分補給を!」とありました。

そうかペットボトル絶対に忘れないようにしよう。

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:10 | category: - |
# 思い返し

今朝の通読箇所(マタイ21:27-29)はイエスさまの例え話。

いつもはっとさせられます。

父から「ぶどう園に行って働いてくれ」と言われた息子ふたり。
兄は行きたくないと答えたが
「後で思い直し」行った。
が弟は「行きます」といい返事。

しかし、行かなかった。...
父はどちらを喜ばれるか?
「思い直し」(悔い改め」神の道へ。

| comments(0) | trackbacks(0) | 17:18 | category: - |
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links