JOYMINISTRY

「福音の賢さん」ー日々のひとこと
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 偉い人とは?
昨日から小学校の時のことが思い出されて来ます。偉人伝を読んだな〜。
野口英世、北里柴三郎、シュバイツアー・・・。「こんな偉い人になりたい。勉強しないと」
と思いました。後に聖書でイエスさまのことばに驚きました。
「偉くなりたいと思う者は、
        みなに仕える者になりなさい。」
            (マタイ20:26)
“ถ้าผู้ใดใคร่จะได้เป็นใหญ่ในพวกท่าน
  ผู้นั้นจะต้องเป็นผู้ปรนิบัติท่านทั้งหลาย”
(มธ๒๐:๒๖)
みなに仕える人が偉い人?!
その模範はイエスさまですが、父のことも頭に浮かびました。学歴は小学6年。
両親は離婚し父親と2人に。ところが13才の時にその父親が心臓麻痺で死亡。
以来ひとりで生きて来た。岡崎の菓子屋で奉公。使われに使われた豊橋の紡績工場で働き、
結婚、鉄道員となり・・・(続)
父と言えば、率先して「掃除」自分の家どころか住宅の道を毎朝竹箒で掃いていたこと。
また困った人がいると(自分が貧困を経験したからか、家が貧しく大変なのに)助けに行く。
それを息子にも人たちにも言わない。その姿に私は父は「偉いなぁ〜」と思っていました。
その息子の私は、、、、掃除はいい加減、しばしば嫌々(叱られながら)。
まだ仕えることを学んでいます。
| comments(0) | - | 21:10 | category: - |
# 幻と夢
もうすぐペンテコステ。「聖霊」の預言のことばを書きました。
「わたしはすべての人に
      わたしの霊を注ぐ。
    青年は幻を見、老人は夢を見る。」
         (ヨエル2:28)
青年は「幻(vision)」老人は「夢(dream)」
を思い巡らしながら書く。力が入る。ふとMちゃんが「書を書こう」の時に書いた
「夢」をもらったのを思い出した。その時彼女は中学1年生。今S大2回生。
学内でKGKに所属し頑張っている様子をfbで知りました。嬉しい!老人の私の夢はある。
キリストを伝えること。その力は私うちに住まわれる「聖霊」です。
Mちゃん、先生「夢」を見てるよ。
| comments(0) | - | 15:59 | category: - |
# マスクと聖句

みことばのカードを用いて頂ければと送ったところ、袋にマスクとこのカードを入れたこの写真です。

「恐れるな。わたしはあなたと共にいる。あなたを強め助け守る。」(イザヤ41:10)

今にとてもいいプレゼントですね。

| comments(0) | - | 15:55 | category: - |
# 罪とがを赦され
「罪とがを赦され神の子となりたる〜我がたまの喜び 比べうるものなし🎶
ひもすがら証しせん 夜もすがら主をほめん〜」
東京のある教会の祈祷会。そこに私もいて賛美している。力いっぱい。何度も何度も。
罪赦され神の子とされた感謝と喜びにあふれて。ここで目が覚める。
これは今朝の夢の中でのことでした。
起きてもこの賛美がずっと耳にある。それでこの聖句を書く。
「愛する者たち、私たちは今すでに
       神の子どもです。」(ヨハネ第一3:1)
    “เราเป็นบุตรของพระเจ้า”
この『罪とが赦され』(新聖歌266)は盲目の詩人ファニークロスビーの作詞。英語の歌詞がいい。
1.Blessed assurance, Jesus is mine! O what a foretaste of glory divine!
Heir of salvation, purchase of God, born of his Spirit, washed in his blood.
(折り返し)This is my story, this is my song, praising my Savior all the day long;
this is my story, this is my song, praising my Savior all the day long.
 「これが私の物語!これが私の歌!(This is my story,this is my song.)
 力がこもります。
| comments(0) | - | 15:51 | category: - |
# 今日の礼拝

孫たちと礼拝。賛美と祈りの後にゲーム(ジェスチャーは大笑い。

その後で聖書朗読と絵本を孫たちが読む。そして、

「湖上を歩かれたイエスさま」のお話。

「しっかりしなさい。わたしだ。恐れることはない。」(マタイ14:27)

のことばに励まされました。
礼拝後はおばちゃんの用意したカレーをみんなで食べました。感謝!

| comments(0) | - | 20:48 | category: - |
# 後でわかる
昨日カセットテープを整理していたら安藤仲市先生のメッセージ(1980年4月)
に目が止まり聴きました。「慰めの神」題で始めに息子俊彦さんの大病と神が
なされたみわざの話の中でこのことばが読まれてハッとしました。
イエスは言われた。
「わたしのしていることは
       今はわからないが
    後でわかるようになる。」
      (ヨハネ13:7)
思い出しました。私の試練の真っ只中でリンデン宣教師にこのことばを言われたのを。
「なぜ?なぜこんなことに」と混乱していた私にイエスさまが励ましてくれたのです。
あの試練は後の私の人生に大きな意味を持っています。
| comments(0) | - | 20:04 | category: - |
# いつでもどこでも
今朝の通読は1列王記13章。王が神の人に癒しを願った。
  「どうかあなたの神にお願いをして
       私のために祈ってください。」
          (1列王13:6)
これを読んで思い出したのはタイやラオスの田舎の教会や集会。どこに行っても「私のために祈って」との願いです。
それはひとりふたりではないのです。私も宣教師でタイに行って(様々な困難な中で)日本の皆さんへの心から出たお願いは「私のため祈ってください」でした。主は祈りに答えてくださいました。
今だれもがコロナのことでは必死の祈り。「私のために祈ってください」との願いにすぐ祈る。
連日電話がありますがそこでも「祈りましょう」です。主が祈りを聞いてくださるからです。
バンコクの働きに疲れ果て寝込んだ時、国際電話(当時は料金が高い)で家内の父に祈ってもらった。
その後内側から活力ができて立ち上がれるようになりました。
このことが電話でもとにかく「祈りますね」と言って祈るのです。
そう恩師の安藤先生も本田弘慈先生も会えば必ず「祈りましょう」と言って祈ってくださったのを
思い出しました。
 「いつでもどこでも祈るべきです」
| comments(0) | - | 20:02 | category: - |
# 夢の中で
朝方の夢です。ある国の偉い方から封書が来た。開けると一枚のハガキ。 そこに「神は愛なり(God is love. พระเจ้าเป็นความรัก)とだけ書かれていた。 (なーんだこれだけか・・・)もっと良いものと思ったのに。 すると神さまが私に 「わたしはあなたを愛してる」 (I love you. เรารักท่าน) と言うのです。それも何度もです。「わたしはあなたを愛してる I love you.」 と10回も20回も。そしたら私は歌い出した。 主われを愛す 主は強ければ われ弱くとも 恐れはあらじ わが主イエス わが主イエスわれを愛す〜 Yes, Jesus loves me.Yes, Jesus loves me.Yes, Jesus loves me 〜 するとイエスさまが「わたしはあなたを愛している」とまたまた何度も何度も言うのです。 私はイエスさまの十字架の愛を思い起した。またこれまでの人生いつもイエスさまが いっしょで養い励まし力を与えて下さったことも・・・。 するとまた「わたしはあなたを愛している」と言われました。何度も。 そして、目が覚めた。(朝方の夢が終わった)が、 イエスさまが言われました。 「あなたはわたしを愛していますか?」 (ヨハネ21:15、16、17) はい、と答えつつもすぐには言葉が出ませんでした。「イエスさま、あなたを愛します。」 「神は愛なり」(God is love.พระเจ้าเป็นความรัก)は短いが広く深く重みのあることばだ と思わされました。
| comments(0) | - | 20:19 | category: - |
# 日曜礼拝ー分担で
今日も我が家で礼拝。孫たちと奉仕分担でしました。
賛美リードは家内。聖書朗読ははる君。マルコの福音書4:35-41
聖書物語朗読はこーちゃん。
そして、お話しは私。「嵐を静めたイエスさま」の話と勧めです。
いいですね皆で分担してやるのは。一緒に礼拝ができ大変励まされました。
ありがとう!
| comments(0) | - | 20:15 | category: - |
# 愚か者
一日の始まり
今朝はこのことばが心に止まりました。
「愚か者には自分の道がまっすぐに見える。
    しかし、知恵ある者は忠告を
      聞き入れる。」(箴言12:15)
私は「馬鹿だな〜。人の言うこと(忠告、アドバイス)を聞いておけばよかった。」
をしばしば口にしています。食事作りで家内のアドバイスを無視し適当に作り失敗。
「嗚〜呼ダメだな〜」それで「これどうやったらいい?」と聞いてやると美味しいのです。
パソコンも自己流で悩まされて来た。がT君の指導とアドバイスを受けたらサッとできた。
「最初からちゃんと聞いておけばよかったのに」。
ただ「自分は馬鹿と(愚か者)」と気がつくのはいいことですね。
それが賢い者(知恵ある者)になる道でもありますね。
年を重ねても素直に人の忠告も聞く者でありたい。
| comments(0) | - | 20:09 | category: - |
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links