JOYMINISTRY

「福音の賢さん」ー日々のひとこと
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 楽しい時

「楽しかった〜」
C教会の礼拝。今日は奏楽がない。でも皆さんの賛美がよかった。

礼拝後の交わりは明るく楽しかった。皆の前に置かれた花瓶の花(赤白黄色)を見て合唱。
 咲いた咲いたチューリップの花が 並んだ並んだ 赤白黄色

 どの花見ても きれいだな〜
    (そして)アーメン

...

  アーメンがついたら賛美歌(こんな素晴らしい花を造られた神さまに賛美)ですね。
 みんなニコニコ。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:40 | category: - |
#  ウドンの教会で

ウドンの田舎の教会堂。いっぱいの人。
そこでメッセージ。難しいと周りの人と話出しまた外に出てしまう人もいるので

絵を使ったり皆さんと聖句の掛け合いをして語る。นมัสการที่อุดรธานี1982
終わると長老が会衆の皆さんに
「アーチャンケンジの話どうだった?
よかったか?よかったと思う人は 手を挙げて、、、」...
びっくりしました。すぐにメッセージの評価です。忘れられない礼拝です。
明日は名古屋のC教会です。メッセージの備えです。大切なのは祈りです。

皆さんの心が神さまに向けられ霊と真理をもって礼拝がなされるようにお祈りです。

「神は霊ですから、神を礼拝する人は
御霊と真理をもって
礼拝しなければなりません。」
(ヨハネ4:24)

もっと見る
画像に含まれている可能性があるもの:渡邉 賢治さん、立ってる、屋外
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:39 | category: - |
# アーモンド

今朝の通読箇所は出エジプト記37章。燭台に「アーモンドの花」(11-24)。

アーモンドと言えばチョコレートしか浮かばない。調べてみた。อัลมอนด์เหมือนSakura
「???えええ!?桜だ。似てる〜。」
咲く時期も3月4月と同じ時期。「サクラ科」ヘブル語では

「サクダ(本当はShakadシャカード)」だって。
その意味は「目覚める」とのこと。春の目覚め。面白い!
「金の燭台」の絵も探し燭台にいつも灯された光から、...


イエスさまのことばが思い出されました。

 「わたしは世の光です。わたしに従う者は、
  決して闇の中を歩むことがなく、
  いのちの光を持つのです。」
    (ヨハネ8:12)

| comments(0) | trackbacks(0) | 17:37 | category: - |
# 与える人

岡崎に行って来ました。久し振りに愛宕山教会の祈祷会。

テーマは「愛が一番」(1コリント13:13)。

その後は昼食。皆さんの作って来たものースパゲティ、野菜サラダ、

大きい餃子、など。美味しかった。夫婦愛について楽しい語らいにいっぱい食べて

しまいました。帰りは、伝馬町から乙川沿を歩く。
と、階段に猫とひとりの年配の男性。
「ちくわ」と呼んでいる。
「野良(猫)だ。毎日餌やってるんだ。ちくわが好きだから『ちくわ』とつけたんだ。

ちくわ〜。可哀想だよな捨てられて」

と言う。
聞いてみるとこの方も人に言えない身の上の方。

だから野良猫の気持ちがわかるみたいでした。

放っておけない。だからちくわなど持ってきて与えているのです。

「この子はだれとでも大丈夫だよ。」とのこと。

愛がそのように変えたのです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:09 | category: - |
#  高岡の旅

Good morning from Takaoka in Toyama.
It's so cold.高岡の朝。
寒い〜。2℃。
今日は初めて行く教会の奉仕と病院訪問。色々準備した。あとはこのことばのように

主にお祈りしおゆだねです。


「あなたのわざを主にゆだねよ。そうすれば、あなたの計画は堅く立つ。」(箴言16:3)

散歩に出ました。寒い。氷がはってる。堤防だ。
上がると丁度太陽が上っていました。じっと眺める。立山連峰が綺麗!山川を

眺めながら主を賛美しながら歩く。ハレルヤ感謝!

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:58 | category: - |
# 名古屋ガーデン埠頭で

At Nagoya portbill preparing message.
朝名古屋港に来ました。何と「にっぽんまる」です。

どから?と尋ねると「八丈島」とのこと。4月からKちゃんの転勤地。

下船した方に「どこから?どうでした?」と聞くと「北海道、いや名古屋から。

住まいは北海道の石狩。船は名古屋」とのこと。それで私が牧師で屯田に行くと言うと

「キリスト教の学校の隣りです。来たら家に泊まってください。」とのこと。(😁)
この後50メートル余のポートビルの観覧室でメッセージの備えです。静かです

。まるで書斎みたいです。感謝!

画像に含まれている可能性があるもの:渡邉 賢治さん、座ってる
画像に含まれている可能性があるもの:海、空、水、屋外
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:20 | category: - |
# どこへ行くも

Good morning. How are you? To where?
The Lord abides with you.
おはようございます。元気ですか?
今日はどこへ?

...

「わたしの臨在が
あなたとともに行き
あなたを休ませる。」
(出エジプト33:14)
“เราเองจะไปกับเจ้า และเจ้าได้พัก”(อพ33:14)

どこに行っても主がともにいてくださる
ことを知る人は幸いです。主の臨在!
主との交わり。ハレルヤ!

画像に含まれている可能性があるもの:木、植物、空、雲、草、屋外、自然
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:18 | category: - |
# 何から

おはようございます!
Good morning.
さあ何からしようか?

「あなたがたのすることは...
ことばによると行いによるとを問わず
すべて主イエスの名によってなし、
父なる神に感謝しなさい。」
(コロサイ3:17)

まずは「主イエスの名によって」祈ること
からです。私が大事にして来た聖句。


「アマデウス(私を愛しておられる神)」
が伸びています。緑の葉は生き生きして部屋に潤いを与えてくれています。

蕾はもう少しで開きますね。

もっと見る
写真の説明はありません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:58 | category: - |
# Uさんが召される

昨夜沖縄のK師の奥さんから電話。
「Uさんが召されました。毎日玄関の先生の書いた聖句を読んでいたそうです。」
Uさんは決して忘れことのない人です。クリスチャンの奥さんが長い間ご主人の救いを

祈って来た。私が訪問した日に『最も大切なこと』を聞いてくれてイエスさまを信じま

したが、元沖縄警察署長であったUさんが大きな声で

「私は罪人です」

「私はイエスさまを信じます」

と言うのにはびっくり(そんなに大きな声で言わなくてもいいですよ・・(笑)。

その後に満面の笑顔。詩吟師範なので声がいい。

「慈しみ深き友なるイエス」の賛美は外に響きわたるほど。
後に洗礼式に立ち会った時には、これまたK師について「使徒信条」を唱えましたが、

これまた大きな通る声。「我は、天地の 造り主 全能の 神を 信ず」
 沖縄に行くたびに再会を喜び合いました。...
  「渡邉先生〜。ありがとう。嬉しい!」
 との声。今度は天国で。

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:22 | category: - |
# 3.11

「2011・3・11」決して忘れることのない日です。この聖句が浮かびました。

「苦難が忍耐を、忍耐が練られた品性を、
練られた品性が希望を生み出し、
この希望は失望に終わることは...
ありません。神の愛が私たちの心に
注がれているからです。」
(ローマ5:3-5)

そして、「聖歌」を開いていたら歌ったことのない720番(新聖歌441)の

「望みは失せ」に目が止まりました。歌ってみました。

 

望みは失せ 詮方尽きて 心弱り 思い萎れ
再び立ち上がる力無き時にも🎶
神を信ぜよ🎶

試練のただ中にいまだにいる人たちを思い歌っていたら涙が出て来ました。
闇の後に 朝は来らん 雲は裂けて
日は照り出でん〜 神を信ぜよ🎶

もっと見る
写真の説明はありません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:08 | category: - |
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links