JOYMINISTRY

「福音の賢さん」ー日々のひとこと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
#  見城家の集い

9月16日は、見城家大集合の日。孫ふたり連れて家内と参加しました。
家内は兄弟が12人。その夫婦や甥や姪にさらにその子どもたち50人余が参加。

まず食事(弁当)。賑やかです。その後、一緒に賛美。

そして、楽しいゲーム(後出しジャンケン、見城家ビンゴ、宝物探し、など)賞品付。

祈り合い語らいの時。感謝でした。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 17:26 | category: - |
# 敬老の日礼拝

 豊川教会

 

9月15日の礼拝は、20才の時に人生で初めて行った豊川教会です。

敬老にとハーモニカで「慈しみ深き友なるイエス」を賛美。

そして、メッセージ。伝道者の書のこのことばを中心に話しました。

 「神のなさることはすべて時にかなって美しい。」(3:11)

 神の造られた「太陽や地球」「木や花」「鳥」「果物」などの

絵を描いてやさしく話しました。みんな笑顔です。

 礼拝後は敬老感謝の食事会。


「私も敬老ですね」そう言ってニコニコしたら「80才以上の方です」とのこと。
そう私はまだ祝われる時ではない、まだ年寄りではないとちょっとにっこり。


婦人たちの作った食事に「こんなに沢山?!」と言いながら嬉しそうに食べていました。

その後で4人の高齢の方の「ひとこと」にみな励まされました。感謝!

| comments(0) | trackbacks(0) | 17:22 | category: - |
# バスの中で

12日午後。ブラケンジは名古屋港へ。

 バス停で年配の男性に「バス来たよ〜」と声かけられバスに乗る。

その方と語らいになりました。嬉しそうに話される。

 「散歩どこへ?」

「金城埠頭まで歩いて来た。週3日歩く。12キロあるね」
 Aさんは私と同じ昭和20年生まれで静岡出身。タクシー運転手40年。

健康に気をつけ毎日歩いてる。私は彼に言いました。

  「私の負けです」

私はよく歩いて5キロですから。

 ただSさんは「ひとり身で友だちがいない」と言う。人と話すの苦手のよう。

だからかいっぱい話して来るのです。築地口バス停でまでずっと。

私はここで下車です。「ではまた会いましょう」と言って別れ名古屋港へ行きました。

 

画像に含まれている可能性があるもの:雲、空、海、屋外、水、自然
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:43 | category: - |
# ブラリと

小さな美術館に行きました。

ブラケンジは猛暑の中でしたが小さな美術館に行きました。

「つながる展」はあと2日です。玄関には梟(フクロウ)がいっぱい。

館長が好きで旅行で集めたもの。また3、4人と語らい。

年配の婦人が「鼻笛」を吹いてくれました。いい音色。ハーモニカ合奏しました。

 子どもたち4人組が来たのでいっしょに折り紙。

折り紙のお陰で子どもたちと楽しい語らいができる。感謝です。
明日は2時からコンサート(色々な楽器)飛び入りでもいいです来てください」と言われたました。

さて、、、

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:30 | category: - |
# 駒ヶ根の教会

9月8日(日)は駒ヶ根の教会へ行きました。

名古屋から中央線で木曽福島へ。そこから駒ヶ根高原までS先生の車で。

1年ぶりの再会。皆さんの温かい歓迎はまるでタイの田舎の教会みたいです。

 礼拝は子供たちも一緒。ついついいつものように子どもに向かって話して

しまいました。ルカの福音書15章から絵を使って。子どもたちも大人の

皆さんも笑顔いっぱいで聴いていました。

 この日3人の新しい人が来られ大喜びでした。

午後は昼食を食べ、その後もみんな残り卓球で楽しみました。

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:50 | category: - |
# 三つ撚りの糸

今朝の聖書(2サムエル23章後半)はダビデを支えた勇士たちの名前ばかり・・・

ふとこの聖句が浮かびました。


「一人なら打ち負かされても
二人なら立ち向かえる。
三撚りの糸は簡単には切れない。」
(伝道者の書4:12)

...

今日タイから帰省する次男の荷物を縛る用のビニール紐を三つ撚りにして引っ張ってみた。

強く切れない。これならいい。あれ?広島城で見た毛利元就の「三本の矢」教訓(参照)

と似てるけど元就はまさか聖書のこのことばから??そんなことはないと思うけど

「みなと力を合わせる」ことは大きな力です。

ちなみにサッカーJリーグのサンフレチェ広島はこの「三本の矢」が由来です。

(三は日本語のサン。矢を伊語のフレチェ)

 

参照:毛利元就が、死の間際に三人の息子たちを枕元に呼び、.

「一本の矢はすぐに折れてしまうけれど、三本になれば簡単に折れることはない。」

つまり、「三兄弟が力を合わせて毛利家を支えていくように」と語った。

写真の説明はありません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:31 | category: - |
# 小さな美術館

あおなみ線の南荒子駅近くに小さな美術館がある。
「つながる展」があり私の聖句書も出品しました。

見に来た方に「聖句ハガキ」「聖句入り額」などを差し上げると喜ばれました。
その後、小さな部屋でコーヒー頂きながら館長のKさんと語らい。

 Kさんは絵が趣味で自分の美術館を持つまでになったのは

「小学4年の時に先生がみんなの前で『絵上手い』と言われたこと」

「4年生?私は卓球ですが、先生の『渡邉くん卓球やらないか』との

ひとことからなんです。先生の一言大きいですね」

そうそうと意気投合し話しが弾みました。

Kさんは貧しく中学を卒業すると魚屋で仕事。絵は好きでずっと描いた。

しかし、魚店を60才で閉め、自分の絵の美術館を作ったのです。

沢山の絵がありますが家でまた奥さんと旅をして描いたものです。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、渡邉 賢治さんを含む、、スマイル、座ってる(複数の人)、室内
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:25 | category: - |
# わが巌

ダビデは歌う。

「主よ、わが巌、わが砦、わが救い主よ。
わが盾、わが救いの角、わがやぐら、
わが逃れ場」(2サムエル22:2、3)

...

竪琴を奏でながら歌ったのかも。
今朝の私はルターの作った賛美歌267
「神はやぐら」が浮かぶ。
パイプオルガンの音で。

神はわがやぐら わが強き盾
苦しめる時の 近き助けぞ🎶
おのが力 おのが知恵を
頼みとせる 陰府のおさも
などおそるべき〜🎶

弱い心が強くされます。

もっと見る
写真の説明はありません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:12 | category: - |
#  卓球部同級生

9月1日名古屋めぐみ教会の礼拝を終えるとすぐに故郷の豊川へ行きました。
この夏に急逝された中学の時の卓球部の恩師の弔問のためです。

同級生5人と諏訪駅で落ち合い車で新城桜淵公園近くのお宅に行きました。
奥様や娘さんご夫妻に、先生にお世話になった感謝と厳しく鍛えて頂いた思い出を

お話ししました。その中で

「コンクリートの上に1時間正座させられたね〜。練習時間なのに遅れたから」

とひとりが言うとみんな「そうそう忘れないね」ニコニコ。

すると奥様が「今だったら問題ですね。すみませんね」と謝られた。

「いいえ、厳しい指導のお陰で私たち愛知県大会5連覇できたしこうして先生を

慕って集まれるんです。」とT君。

本当にそう。「亡くなられる前にお会いしたかったね。それが残念です。」

そう言って私たちはまた学校での先生の様子や家庭での様子を楽しく語らいました。
その後、豊川に戻り喫茶店で58年振りに思う存分語らいました。

感謝の時でした。
「次回はみんなラケットを持って来て(笑)」

画像に含まれている可能性があるもの:2人、渡邉 賢治さんを含む、、スマイル、座ってる(複数の人)
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:00 | category: - |
# 愛にとどまる

昨夜我が家に泊まったはる君。
「おはよう😃
優しいおばあちゃんと私を見ていい顔です。
祖父母を独り占めです。

...

今朝のイエスさまことばです。

「わたしの愛にとどまりなさい。」
(ヨハネ15:9)

 

イエスさまは私たちを愛してくださっています。

その愛の中にいることの何と幸せなことでしょうか。

写真の説明はありません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:19 | category: - |
Archives
Profile
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links